上手な土地の探し方

不動産とダイビング 株式会社リアルアイです。

先日、「土地を探しています」というお客様が来社されました。

『一宮駅徒歩20分圏で35坪以上…』

こんな条件でしたが、はっきりとお伝えさせていただきました。

「ご希望される地域は、多くが寺院が所有する貸付地、そして弊社の周辺は…」

全く物件がないわけではありません。出てくると高値でも取引されるのです。

ならば・・・まずは予算をきちんと伝えることです。そして、借入を前提とする場合、素直に自己が借入できる限度額を把握することです。多くの方が、この内容を伝えると、借入に対する意識が甘い気がします。

例えば、携帯電話の分割払い…一見金利もかかっていないので良さそうに思い勝ちですが、立派な借入です。つまり携帯電話の料金と合わせて請求されているので、支払いを滞ると、住宅ローンが借入できないこともあります。

例えば、自動車のローン…期間が短いので意外にも返済比率を食われ、自己の年収比で借入できる限度額に影響が出ます。もし、オートローンを利用されているなら、真っ先に返済をしてから住宅ローンの計画を組まれたほうが良いです。

例えば、転職…勤続年数が3年未満ですと、まず「どうして転職?」と問われます。同一業種のヘッドハンティング以外は、通算勤続年数にカウントされないし、転職歴が多いと住宅ローン審査でもマイナスポイントとなるケースがあります。