愛知県一宮市の不動産会社&スキューバダイビングスクール

不動産についてのお問い合わせ

TEL0586-23-2801

スキューバダイビングのお問い合わせ

TEL0586-23-2808

不動産会社の営業マンの電話モラルについて

不動産とダイビング株式会社リアルアイの伊藤です。

弊社の創業コンセプトが、「不動産とダイビング」つまり、事務所にお電話をいただいても、なかなかすぐに対応ができないことも・・・

そこで使用しているのが、「ボイスワープ」

ボイスワープの電話は、転送され携帯電話に着信。

折返しをする際には、必ず電話番号を確認してからにしています。

  1. 固定電話の場合
    不動産会社様からの電話の場合、WEB電話帳などに記載もあるため、ご用件があれば再度電話があると思います。
    多くの場合、不動産売却の依頼を受け、指定流通機構やWEB広告などに掲載した場合で、それ以外は殆どありません。
  2. 携帯電話の場合
    折返しをする際に、時間帯を見て判断しております。
    (1)営業時間外
      営業時間中に会社の固定電話から折返しをさせていただいております。
    (2)営業時間中
      出先である場合は、基本携帯電話から折返しをしております。
    ただ、多くの方は、この電話に応答していただけません。
    自分がかけた電話番号と異なるからです。

基本、WEBサイト等で「勧誘」を目的とする会社の営業電話には一切折返しの電話をしません。

また、不動産会社の営業が店舗にいるにもかかわらず、携帯電話で物件確認をしてきた場合、一切お取り扱いをお断りしております。

私は、大手不動産会社2社にいましたが、物件確認をする際は原則固定電話から、100歩譲って現地の看板を見たときは、「現地の看板を見たのですが…」とお断りしてから、お客様の自宅など出先からでやむを得ない場合は「出先から失礼します」と断って通話するようにしていました。

当時の部下や後輩たち、あるいは若手たちにもはっきり言っていました。

堂々と会社の固定電話からお客様へ電話するように・・・と

しかし、携帯電話を会社支給しているところですと、お構いなしでしょう。むしろ、携帯でかけろ!と指示している会社すらあるように思います。

名刺を差し上げた業者さんやお客様なら、直接携帯電話へかけてくることもあるでしょう・・・でも一見さんには???

弊社のポリシーです。お客様以外の電話のモラル、疑いたくなるばかりです。

少数で営業している会社です。お客様からのお問い合わせを優先したいので、ご配慮いただけませんか?

 

先日は、20時過ぎにこのような電話がありました。

「私、日本〇〇の〇〇と申します。社長さんですか?」⇒何か怪しい・・・

『この時間にどんなご用件ですか?』

「実は、弊社WEB関係の仕事をしておりますが、今回はLEDの件で…」

『はあ?用事ないけれど…』

「無言・・・」そして、ガチャリと切れる。

電話番号もさらしておきます。

名古屋569-5386

こういった電話が絶えません。

 

また2000年の電話帳を元に、電話をしてきた冠婚葬祭会社の互助会の勧誘…

代表番号を含む連番での発信拒否を申出しました。

こんな時のために、不審な電話がかかってきたら・・・まずは、GoogleでもYahooでも良いと思います。

検索をしてから折返しされてはいかがでしょうか?