中古住宅よりも新築住宅のほうが安くなるケースは?|一宮市の不動産(土地・戸建・マンション)売却、購入、相続対策、有効活用のご相談なら株式会社リアルアイ

お電話でのお問合せ

0586-23-2801

【営業時間】9:00~17:00(時間外は予約制) 【定休日】不定休

店舗情報

株式会社リアルアイ

株式会社リアルアイ

〒491-0861

一宮市泉

2-4-15

0586-23-2801

0586-23-2802

9:00~17:00(時間外は予約制)

不定休

一宮市の不動産会社、土地・戸建・マンションの売却に自信!

会社概要

中古住宅よりも新築住宅のほうが安くなるケースは?

2018年10月28日

最近、新築建売住宅がどんどん建っていますが、安い物件もありますね。どうしてですか?何か問題でもあるのでしょうか?

中々でない地域なので、中古住宅も検討しようと思いますが、いい物件に巡り合いません。どうしてでしょうか? 

担当者のコメント

建売住宅は、その建築コストを大量発注・そして早期完工によりコストを下げて売りに出しています。
物件によっては土地取得時の読み間違いから、価格を著しく下げて損切りしてでも売るというスタンスが、分譲業者にはあるようです。

建築コストは、1棟あたり相当単価を下げていますので、安価設定でも売れるということです。

一方中古住宅は、いろいろな施工会社の物件が入り乱れます。
大手ハウスメーカー施工の家ですと、大工さんが建てたような注文よりも高く売れる傾向にあります。
一方、新築価格との乖離もポイントです。
いくら施工が大手ハウスメーカーでもその程度が悪ければ、古家がない土地のほうが高く売れることもあります。

ページの先頭へ