エンディングノート|一宮市の不動産(土地・戸建・マンション)売却、購入、相続対策、有効活用のご相談なら株式会社リアルアイ

営業時間/9:00~17:00(時間外は予約制)不定休(※土日祝日は事前予約制営業)

エンディングノートとは?

もしもの時に備えて、自分の情報や想いを書き留めておくもの

どんな人生を歩んできたのか?
これからどんな人生を歩んでいくのか?
自分らしく生きるために…

自分がこれから進む人生観、最後まで胸を張って歩く!
そんな想いを書き綴ることで、楽しみながら!  
各自治体窓口などでは、エンディングノートを無料配布しているところも。一宮市でも配布しています。
『想いをつたえます~マイエンディングノート』
【仕様】
■作成部数:3400部(うち配布用は2000部、残は医療・介護関係者へ配布)
■A4版冊子(24ページ 広告ページを含む)

【配布場所】
■一宮市役所本庁舎2階27番高齢福祉課窓口
■尾西庁舎総合管理課
■木曽川町者総務窓口課
■一宮市内各出張所、各地域包括支援センター、いこいの広場・いきいきセンター

※ 2021年6月25日発表(一宮市ホームページより)
リアルアイは、この『想いをつたえます~マイエンディングノート』に2021年度に広告協賛しております。 
書店や文具店などでも様々なエンディングノートを販売しています。

形式にとらわれない、一般のノートに自分の記録を残すだけでも十分だと思います。
遺言とは異なり、事由に書けばいいのです! 

「人生会議」を始める!

「人生会議」=アドバンス・ケア・プランニング
将来の医療・ケアについて本人を尊重した意思決定の実現を支援するプロセスをいいます。  
もしもの時のために、自身の想いを家族や医療・介護していただいているスタッフさんなどに伝えることを「人生会議」と称して、厚生労働省が2018年から取り組みをしているものです。
 
エンディングノートを書くにあたり、 自身の想いをつたえること=その共有をするための「人生会議」を始めましょう!
ページの先頭へ