一宮まちゼミ|一宮市の不動産(土地・戸建・マンション)売却、購入、相続対策、有効活用のご相談なら株式会社リアルアイ

営業時間/9:00~17:00(時間外は予約制)不定休(※土日祝日は事前予約制営業)

一宮商工会議所が主催する、「一宮まちゼミ」
まちゼミとは、「得する町のゼミナール」一宮市内のお店のスタッフなどが講師となり、プロならではの専門的な知識や情報、コツを無料でお客様にお伝えする少人数制のゼミです。

お客様・お店・地域が、幸せになる「三方よし」の事業として、全国では2003年1月に最初に実施されています。

一宮市においては、今回で5回目、(第1回2016年、第2回2017年、第3回2018年、第4回2019年、2020年は新型コロナウイルス感染症問題でオンライン開催)

リアルアイは、一宮まちゼミ初回から開催!

一宮市の不動産会社としてできることは何か?
単純な『不動産売却の相談会』ではありません。
不動産売却を前面に打ち出すことよりも、大切なこと…

それは、リアルアイという不動産会社を知っていただくこと!

一生に一度あるか?ないか?の不動産取引、
近年の不動産市場を見ると、
核家族化による居住用不動産のニーズの高まりにあわせ、
『家を買う』『家を借りる』など、ご相談は多様化しています。
一方、『大きな家は不要…』
『息子が(娘が)地元を離れて生活しているので…』という事由から、
住みかえを検討される方等もおみえになります。

リアルアイは、他社と異なり一人一人のお客様とのご縁を大切にしています。
そして、不動産の相続問題というキーワードをベースに、
まちゼミを開催してまいりました。 

第5回も参加予定!今回は、来店型・オンライン型の双方で!

新型コロナウイルス感染症の問題から、なかなかイベントを開催する難しさのある中、
2020年はオンライン型で開催をさせていただきました。
2021年は、来店型・オンライン型の双方で、それぞれ開催をさせていただくことにしました。

ゼミの内容は全く同じです。
開催日程の中で、ご都合の合う日時にご参加いただければと思います。 

だれでも書ける!子孫に想いを伝えるエンディングノートを書こう

【2021年・第5回一宮まちゼミ 株式会社リアルアイの開催テーマ】
 
相続に対する意識が高まる中、自らの意思をもって、想いを子や孫に伝えるための手段、エンディングノート。
まずは気軽に書いてみませんか?
 

※エンディングノートとは?

エンディングノートとは、もしもの時に備えて、自分の情報や想いを書き留めておくノート。
 
文具店や書店などでもいろいろな種類のものが販売されています
エンディングノートについて

※自治体で無料配布されるエンディングノート

各自治体窓口などでは、エンディングノートを無料配布しているところも。一宮市でも配布しています。
『想いをつたえます~マイエンディングノート』
【仕様】
■作成部数:3400部(うち配布用は2000部、残は医療・介護関係者へ配布)
■A4版冊子(24ページ 広告ページを含む)

【配布場所】
■一宮市役所本庁舎2階27番高齢福祉課窓口
■尾西庁舎総合管理課
■木曽川町者総務窓口課
■一宮市内各出張所、各地域包括支援センター、いこいの広場・いきいきセンター

※ 2021年6月25日発表(一宮市ホームページより)
リアルアイは、この『想いをつたえます~マイエンディングノート』に広告協賛しております。 
 
リアルアイの開催するまちゼミにおいては、
『想いをつたえます~マイエンディングノート』を事前入手されると、わかりやすいと思います。 
 
 
まちゼミへの参加希望の方は、以下のボタンをクリック
※申し込み開始までは、送付いただいてもご返信いたしません。
※開催日程などについては、後日発表となります。
※緊急事態宣言下の場合、来店型イベントの中止をする場合があります。 
まちゼミの参加予約
ページの先頭へ