ITを活用した重要事項説明(IT重説)の社会実験に関して|一宮市の不動産(土地・戸建・マンション)売却、購入、相続対策、有効活用のご相談なら株式会社リアルアイ

お客様専用ダイアル

0586-23-2801

【営業時間】9:00~17:00(時間外は予約制) 【定休日】不定休

2020年05月23日

ITを活用した重要事項説明(IT重説)の社会実験に関して

令和2年4月8日(水)より、国土交通省が追加で募集を行っている、個人を含む売買取引についてのITを活用した重要事項説明(IT重説)の社会実験に関しまして、 株式会社リアルアイは、事業者として参加協力をさせていただくことになりました。
 
5月22日より9月30日までの間、積極的に実施をさせていただこうと思います。 

IT重説を利用するメリット

不動産の売買をする際に、不動産業者はその物件の重要事項説明書を作成し、取引する相手方に対し、宅地建物取引士が面前で、宅地建物取引士証を提示のうえ、説明を行う義務があります。

今回のIT重説は、直接面前で行うことなく、WEBを用いて離れた場所で、対面以外の方法で、その説明ができる仕組みをということです。

これらを用いることにより、わざわざ事務所に出向かなくてもその説明が受けられるという利点が生じます。 
となると、遠隔地など、わざわざ出向かなくても…説明を受けることが可能となります。 
時間の調整幅が膨らみます。
お客様が自宅等のリラックスした環境で重要
事項説明を受けることが可能となります。
 
 

IT重説をさせていただくにあたり

買主様にはその同意をしていただく必要があります。
そして、同意をいただく場合、重要事項説明書は事前に買主様の手元に郵送にてお届けいたします。
さらに、説明に要する時間を、説明前にお知らせしてからの開始となります。 
どうしても面前でのご説明を希望となれば、途中で中断することもできます。

社会実験のアンケート調査にご協力をお願いします。

弊社にてIT重説をさせていただいた場合に、国土交通省・不動産業課に対し、アンケートをお願いすることになります。「所要時間は30分程度」

IT重説について…

国土交通省では、ITを活用した重要事項説明に係る社会実験 のためのガイドライン概要を設けております。 
このガイドラインに沿った対応をさせていただくことになります。 
ページの先頭へ