ある住宅建築会社の話…|一宮市の不動産(土地・戸建・マンション)売却、購入、相続対策、有効活用のご相談なら株式会社リアルアイ

お客様専用ダイアル

0586-23-2801

【営業時間】9:00~17:00(時間外は予約制) 【定休日】不定休

2020年05月17日

ある住宅建築会社の話…

一宮市の不動産会社 株式会社リアルアイは、土地から購入し、理想のマイホームを建築したいというお客様のご要望を多くいただいております。

今回は、土地を探すうえでの注意点!
1.工務店に頼ってはいけない…
2.ネットの情報に頼らない…
3.親身になっていただける不動産会社と上手に付き合う…

だと思います。

特に、不動産会社は、「WEBポータルサイト」に出ているものは、だれでも扱える!と平気で言います。

ところが、弊社の場合、指定流通機構に登録をしていない物件は他社にはご紹介を差し上げておりません。
理由は、他社を介在させることで、弊社が手数料を得られない内容の場合がほとんどです。
例えば、他業者からの情報で弊社のみが扱うお約束をしている場合… どこにでもある情報でないところが弊社の強みと言えます。

例えば、弊社の関係者が売主だとします。
その関係者との縁、そして物件そのものの属性を一番知るものが取引に挑むべきだと考えています。 

予算OKでも、物件がない!

そういいだす話は、メーカー側に問題ありです。

土地を探す際に、総予算から建物建築費(これは多くが構造と規模で決まります) を引いた残りで土地を探すことになります。
大手ハウスメーカーの一流品を建築しようとすると、予算内で土地が見つからないこともあります。
中小の工務店だと、予算が抑えられる?と考えがちですが、どこの会社で建築をしても「標準的建築費」がある関係で、大幅な狂いは生じません。

となると…
一般的な住宅2階建てを建築しようとすると、2000万円~2500万円くらいはかかります。となれば、総予算4000万円なら1000万円~1500万円くらいの土地を探すことになります。
フルローンで借りると、月々が132,505円(金利2%・35年返済で)年間160万円の返済になります。低金利時代といえど、いつまでもその金利が維持されるとは限りません。
となると、年収対比返済率が20%くらいに抑えたいところ
理論上は30%や35%でもローンは組めます。

でも・・・ 
 無理したら、どこかにしわ寄せが行きます。
 
ハウスメーカーの展示場に行く前に、一言声をかけていただいたら… 
きっといいことがあるのに!と思いながら見ています。 

返済額と求める地域は一致するか?

この日曜日に商談をさせていただいた方は、当初一宮では検討されていませんでした。
通勤便や夫婦の実家との関係、将来的な要素も踏まえ、予算との兼ね合いを考えとのことでした。

やはり、お財布事情が一番重要になってくると思います。 
不動産のプロは、売れやすい価格帯を知っています。
その結果、売る際の考え方として、大きな土地を分筆する!ということになります。

分筆をして売却する場合は、区画数が大きくなると、一般エンドユーザーの場合、反復継続の売却とみなされることもあるため、お勧めできません。場合によっては法律違反になることも。

でも、土地は同じものが2つありません。

だから早期結論なのです。 

でも住宅メーカーにお話をすると、建築の話が先に進んでしまい、なかなか思うような土地に巡り合わないと聞きます。万人向けの開発団地の区画整理されているような分譲地ばかりならいいのですが、駅に近い都心部だとまず何らかの障害があるものばかりです。

となると、その土地のリスクを説明できないとどういうことになるでしょうか?
だから住宅メーカーさんへ土地の紹介を求めるのは?と思うのです。 

多くのハウスメーカー担当者様とのご縁がありました。

代表取締役の伊藤が、なぜ土地売買に強いか?
理由は簡単です。

売れるハウスメーカーの担当者との縁を大切にしているから!なのです。

若き頃、当初岩倉市で探されていたお客様を、予算の関係で西可児駅周辺の団地をご紹介したことがありました。
岩倉では当時土地がなく、江南~犬山~各務原~可児とすべての資料を集め、ご案内をしました。
そして、土地が決まったと同時にその土地で建築できる2世帯住宅を!となったわけです。紹介差し上げたのは、セキスイハイムの木質系住宅でしたが、お客様が関西出身であったことなど、ブランドイメージもよく、また担当されたセールスの方は地域のナンバーワンの方がVIP扱いでご相談に応じていただきました。

不動産会社からの建築紹介は、本当に熱いお客様だと言ってみえました。
その後、そのメーカーに限らず、ミサワホーム・S×L・積水ハウス・旭化成ヘーベルハウス・ダイワハウス・三井ホーム・住友林業・地元の工務店さんに至るまで多くの新築案件をご紹介させていただきました。
だから言えるんです。

土地を購入してマイホームを建てる方の多くは、不動産会社からだって! 

他社の営業の方は知りませんが…

新築建売の営業が得意な会社
土地取引が得意な会社
マンション取引が得意な会社

いろいろあります。
 
でも一番強いのは「よい情報を持っている会社」だと思います。
大手不動産会社が強いと言われるのは、資本力にものを言わせた集客です。
リアルアイが強いのは、大手ができない仕事を大手以上の対応で営業するところにあります。

弊社は土日祝日は予約制営業です。
折込チラシを毎週入れるような営業形態はとっていません。
お店もロードサイドにはありません。
知る人ぞ、知る!と言っていただける会社を目指しております。 
 
ページの先頭へ